サービス内容も確認して霊園を選ぼう|実際に見学することがおすすめ

安心して任せられるお墓

京都で永代供養墓を選ぶ際には、寺院と霊園のどちらにするかということもポイントになります。寺院は手厚い供養が受けられる安心感がありますが、その寺院の宗派に則った供養になり、キリスト教などは受け容れてもらえないこともあります。霊園はほとんどが宗教不問です。

申し込んでみよう

お墓

見学してみよう

自身が生きているうちに、お墓を設けておいた方が残された人たちも安心です。最近は終活として、お墓探しをする人が多くなってきています。例えば、東京に住んでいる人なら、東京で探した方が効率的です。残された人たちがお墓参りをしやすいところを選択しましょう。人気があるのは多摩の霊園です。規模も大きく、自然環境が整っているところにあります。しかし、多摩の霊園は知名度が高いこともあり、申し込んでもすぐにお墓を設けられるとは限りません。順番待ちになっていることもあります。まずは、状況を調べてみましょう。問い合わせによって、いろいろな情報を教えてもらえます。また、多摩の霊園に関する情報はインターネットでも収集できます。申し込みの前に見学に訪れてみることもお勧めです。噂で聞いているとおりなのか、実際に訪れて確認してみましょう。目で見てみる光景は噂と違っていることもあるからです。また、多摩の霊園といっても単純にお墓を設けるだけではありません。いろいろな用途で利用できることもあります。情報に関しては各霊園のホームページを参考にしてみましょう。特に最近は、お墓参りをすることが億劫になってきている若者が多くなってきています。頻繁に訪れなくてもいいように、きちんと霊園の方で供養と管理をしてくれるところがお勧めです。この時、どのような供養をしているのか、サービス内容も確認しておくと安心です。また、先々のことも考えて、継続的に供養してもらえるところを探しましょう。

合同墓に入るメリット

女の人

京都では生前から永代供養墓に入るという選択をする方もいます。子孫に負担をかけずに済み、費用も割安であること、宗派も関係ないことなどが永代供養墓のメリットです。跡継ぎがいない方や娘しかいない方などに特に適しているといえるでしょう。

これからのお墓のありかた

婦人

京都には永代供養を行なってくれる場所があり、事前に支払いを済ませておくことで後に維持費用を支払う必要がありません。墓地承継者がいない場合、安心して利用することができるので生前に用意しておくと良いでしょう。