サービス内容も確認して霊園を選ぼう|実際に見学することがおすすめ

合同墓に入るメリット

女の人

合同墓がオススメの方は

京都にある沢山の霊園では、一般墓の他に永代供養墓も備えているのが普通です。永代供養墓は集合墓や合同墓などとも言い、それぞれの霊園によって呼び方は異なります。また、納骨方法や供養方法も違っています。京都では生前から永代供養墓に入ることを決めている方も少なくありません。そうした方たちが考える永代供養墓の一番のメリットは、「子孫への負担を減らせる」という点でしょう。一般墓だと管理や供養などは子孫がする必要がありますが、永代供養墓だと住職などが行ってくれます。さらに墓石代や工事費、年間管理費などが不要なので、一般墓より費用が割安であるというメリットもあります。京都で一般的な霊園であれば、始めの契約時に一式料金を支払ってしまえば永年費用が発生しません。一式料金には永代供養料や使用料、納骨料が含まれています。ただし生前に契約する場合は、年間管理費を払う必要のある霊園も京都には存在します。また宗派を問われない場合がほとんどですので、檀家になることもなく、好きな立地などでお墓を選ぶことも可能です。もし現在お墓のことを考えていて、跡継ぎがおらず立派な墓でなくて良い方や跡継ぎがいても娘の場合は、永代供養墓という選択がいいかもしれません。それに加えて息子がいても遠い町に住んでいて管理を任せるのに不安がある、もしくは負担をかけたくない場合も同様です。けれども永代供養墓は継承できるものではないので、自分だけで決めてしまわず跡継ぎとよく相談した上で決定しましょう。