サービス内容も確認して霊園を選ぼう|実際に見学することがおすすめ

これからのお墓のありかた

婦人

生前確保に適したお墓

昨今の少子化問題に伴う墓地の承継者問題により、永代供養墓に対する関心が高まってきています。京都は寺院などの多い歴史ある街として有名ですが、そこでも永代供養墓を扱う寺院や霊園が増えています。永代供養墓とは、お墓(納骨所)・永代供養・永代管理の3つを備えているお墓で、墓地承継者のいない人でも安心して建てられるお墓のことを言います。通常のお墓と違い、無縁墓地になったり墓石が撤去されてしまったりする心配がありません。墓地承継者のいない人は、生前に自分でお墓を準備する必要が生じてきます。永代供養墓は、永代管理料を前もって納めるため、後々にお墓の維持費用の支払いが無いので、生前確保に適していると言えます。永代管理料とは、通常であれば毎年納める墓地管理料を、墓地使用の申請時に、まとめて一括で納付する管理料のことを言います。また、後々に墓地の維持費用の徴収がないので、残された家族がいる場合でも、その経済的な負担は軽減します。そして、京都市内は交通の便が良く、駅から近い場所にある墓地も多いため、駅から徒歩で通える所もあります。また、京都に住んでいる人だけでなく、京都以外の他の地方から利用する人も多いのです。さらに、宗派の異なる人や無宗派の人でも受け入れている寺院などもあります。また、供養の時期や作法に関しては、墓地を管理する寺院などにより様々です。そのため、墓地使用の申請時に、墓地管理者に確認しておくと安心できます。